現代テニスでは当たり前になってきている、オープンスタンス。

このテニスのオープンスタンスが上達する練習方法を紹介していきます。


1.メディシンボールを投げる

この練習は2人1組で行う練習方法です。

お互い向き合い、投げる側(以下A)とキャッチして投げ返す側(以下B)に分かれます。

もちろん、練習して上達を期待するのはキャッチして投げ返す側のプレーヤーです。

お互い向き合い、同方向にサイドステップしてAがBの進んでいく方向側(フォア側であればフォア側)へボールを投げます。




Bは投げられたボールを両手でキャッチして外側の足で踏ん張って投げ返します。

それと同時に逆方向へサイドステップし、反対側も同様に行います。

注意点はキャッチの仕方と投げ方です。

体の正面でキャッチせず、右側であれば右側に上体を捻りながらキャッチします。

投げる際も踏み込まず、捻りを戻しながら投げていきましょう。

この練習で体幹が鍛えられるとともにオープンスタンスで打つ感覚がつかめるようになります。


2.球出し練習

今度は実際にボールをオープンスタンスで打つ練習です。


1.片サイドのみで練習

最初は簡単な手出しのボールでスタートしましょう。

1回打つごとにサイドステップで戻ります。

メディシンボールのトレーニングでつかんだ感覚を思い出して体の上半身と下半身を捻り、ひねり戻しを使ってラケットを振っていきます。

フォアハンドであれば右足で止まり、右足を蹴り上げて最後は左足に重心が移動します。

最初はタイミングが合わずに手打ちっぽくなっても構いません。

右足の蹴りをボールに伝えられるようになるまで繰り返し練習しましょう。


2.フォア・バック交互に球出し練習

ある程度感じをつかんできたら、フォア・バック交互に打っていきます。

片サイドではできたものも交互になると足がバラバラになってしまったりします。

これも繰り返して練習していきましょう。

繰り返し練習しても足がバラバラになってわからなくなってしまった場合は、もう一度片サイドの練習に戻ってやり直しましょう。

こういった順序で練習し、最終的にはラケットで出されたボールを打つ練習、ラリー練習と練習レベルをあげて徐々にオープンスタンスを上達させていきましょう。

テニスは踏み込んで打つもの、と硬く考えずにボールに合わせて色々な形で打っていくのが現代のテニスの流れです。

当然、上達する上で頭の中の整理も必要です。

踏み込んで打つばかりでなく、オープンスタンスなど違った形もしっかりと練習していきましょう。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!