テニスのボレーは威力よりもコントロールが重要ですが、タッチ感覚を磨く方法について今回はふれていきます。


1.テニスのボレーのタッチ感覚を養う

テニスのボレーのタッチ感覚を養うためには、いろいろな練習方法がありますが、特におすすめなのはストレートでショートのボレー対ストロークを行うことです。

ロングのボレー対ストロークだとある程度上達しないとラリーが上手くつづかないこともありますが、ショートだとコントロール重視で行うことでラリーがつながりやすいです。




また、ボレーのタッチ感覚を養うために、いろいろな打点でボレーすることもしやすいです。

例えば、いつもよりボールを呼び込んで打点を敢えて低い位置で取ることでミドルボレーからローボレーのタッチを磨くことができます。

このとき、ボレーは必ず相手のボールの勢いをコントロールして、自分の狙った箇所に送り出すことが必要です。

ハイボレーになってしまうと勢いを殺すのが少し難しいですが、手首を柔軟に使ってコントロールしてください。

タッチ感覚はグリップの握る強さや手首の固め方によりますので、手首を柔らかくすることでコントロールすることができます。

ドロップボレーの際もこのタッチ感覚が生きてきますから、常に手首を固めすぎないようにしましょう。

タッチを意識した練習ではブロックボレーだけだと難しいため、若干でよいので意識してみてください。


2.タッチを意識したショット

ボレーでタッチを意識したショットといえばドロップボレーだと思います。

上達してくるとシングルスダブルス問わずにエースを狙えるショットですから、少しでもものにしたいと考える方も多いと思います。

ドロップボレーのタッチについては回転をかけるパターンとフラット系で当てるものの手首の柔らかさでコントロールするパターンがあります。

回転を程よくかけたほうが望ましいのですが、タッチが難しくなるため、まずは距離感をつかむために自分がやりやすい当て方で打ってみてください。

その上で回転を微調整していくことが大切です。

また、逆回転でタッチを養うには、ショートラリーでスライスラリーを行うと良いです。

フットワークも大切になりますが、ショートラリーだとお互いラリーがかなり長く続きますし、ボールの回転を操るいい練習ができます。


3.まとめ

上達してくるとスライスも難なく打てるようになりますが、練習をサボると案外変な癖がつきやすかったりもします。

練習で時々ショートのボレー対ストロークなどを行うことで基本を思い出すことができますし、タッチを養ういい練習になりますので、是非試してみてください。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!