テニスのボレーを打つ時のステップは非常に重要になりますがどのようなステップをするのかについてふれます。


1.テニスのボレーを打つ時のステップ

テニスのボレーを打つ時のステップはいくつか種類がありますが、最も基本的なステップはスプリットステップです。

スプリットステップは相手がボールを返球するときに、相手のラケットがボールをヒットする瞬間に自分が小さくジャンプして両足を着地させるステップです。




タイミングが遅いと相手の返球について行けなくなりますので多少早めに跳んでしまってよいです。

逆にタイミングが早すぎる場合でも膝のクッションを使って動き出しを遅くすることは可能です。

スプリットステップを行うことで膝が曲がった状態、つまり相手の返球に対してすぐに動くことができる準備を整えるわけです。

また、スプリットステップを行う前には小さなステップを入れ、相手のショットにタイミングを合わせてスプリットステップを行うと良いです。

特にボレーでは細かなステップを行うことで打点へスムーズへ入ることができますので、上達するためにはまずステップを意識しましょう。


2.ボールをヒットしにいくときのステップ

スプリットステップの後、相手の返球がどの方向にくるかがわかったら、まずはそちらに動くために、動きに向かう側の足のつま先をそちらに向ける小さなステップが入ります。

これはボレーに限らず、ストロークでも同様です。

そして次のステップでボールに対して大きく踏み込んでいきます。

あまり大きくしすぎないほうがタイミングは合わせやすいですが、ボールをヒットするタイミングでステップインするときは力強く踏み込むことが大切です。

ハードコートで力強く踏み込んでいると足が痛くなってきますが、ボレーはこの踏み込みで威力を出すことになりますから、非常に重要です。

また、つなぎのボレーを打つときはこの踏み込んだ足を蹴ってもとの位置に戻るなり、次の相手のショットに備える動きにつながりますし、チャンスボールを決める場合は踏み込む足で体のバランスをとることになります。

ここで崩れてしまうとミスの原因につながってしまいますので、特に前傾しすぎないようには注意して下さい。


3.まとめ

ボレーについてはフットワークが大切ですが、まずは基本のスプリットステップをしっかり身につけることが上達への近道です。

ボレーとは少し異なりますが、アプローチのステップやリターンのステップなども微妙に違いますので、また別の機会に説明したいと思います。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!