ボレーは相手から飛んできたボールをノーバウンドで打つショットです。Volleyと書きます。そう、バレーボールのそれと同じです。

バレーボールはネットから遠いところで受けても3回以内に相手コートに返球すれば有効です。

ですので、その間、チーム内でパス行為が可能ですが、テニスでは即座に相手コートに返球しなければなりませんからダブルスでもパス行為はできません。




つまり、ネットの近くでボレーできなければ成功率が下がってしまいます。感覚的には「ラケットが壁となり、相手コートにボールを跳ね返す」ということです。


練習メニュー1:基本的な構え方

右利きの方の場合、身体の右側にきたボールはフォアハンドで、左側にきたボールはバックハンドでボレーすることになります。

いずれにも対応する基本的な構えは相手正面を向き、肩幅程度のスタンス、膝を少し曲げ重心はやや爪先荷重、少し踵が浮く感じで立ちます。

右手でラケットのグリップを持ち、左手はラケットのネックを指先で軽く支えます。ラケット面がネットの高さより上、顔の前あたりになるように支えましょう。


練習メニュー2:フォアハンドボレー

パートナーから手でボールを投げてもらい、返球しながら動作や感覚を覚えます。まずはフォアハンド側に構えたラケットに向かって投げてもらいます。

ラケットフェイスは相手に向け、少し上を向けた感じにして待ちます。投げてもらったボールに対して左足を踏み込み、ラケットでボールに「タッチ」します。

「打つ」のではなく、グリップをしっかり持って「触る」感じです。跳ね返ったボールをパートナーがキャッチできるようにすれば、1個のボールで繰り返し練習できます。


練習メニュー3:バックハンドボレー

フォアハンドボレーとほぼ同じですが、バックハンド側に構えたラケットはボールにタッチする寸前まで、ネックを左手で支えることがポイントです。

支える事で、ラケットの待機状態が安定します。ボールに向かって右足を踏み込み、タッチの寸前に左手を離します。これもパートナーがキャッチできるように返球しましょう。


練習メニュー4:フォアバック交互

さて、フォアバック交互にパートナーにボールを投げてもらい同様に返球します。グリップの握り替えが必要ですね。

基本的な構えは正面を向き、グリップはフォアハンドで握ります。バックハンド側に反応する時に、ネックを支えている左手で少しラケットを捻るようにしながら右手グリップをバックハンドに持ち替えると楽です。

バックハンド両手打ちの方は、基本的な構えで左手がグリップに添えていますので、同じようにして動作しましょう。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!