強いストロークを打って、相手を崩したり、ノータッチエースで決めて見たいですよね。

そもそも強いストロークとはなんだと思いますか。

それは、ただ速いものではなく、一般的に重いと表現されるものだと思います。

実際にボールが重くなるわけではありませんが、上手な人のストロークは返しづらく重く感じるものです。

では、どのようにして重いボールを打てるのでしょうか、軽いボールを打つ人との違いはなんだと思いますか。




今回はテニスの強いストロークを上達させる練習方法についてお教えしたいと思います。


1.テニスにおける強いストロークの特徴

テニスの強いストロークの特徴は、バウンドした後も威力が変わらない、もしくはむしろ加速することです。

コートにバウンドした後に、伸びる感じがあるのです。

そんな強いストロークを返すためには、スイートスポットに当てる必要があり、当てることができなければ、コントロールすることが叶わないどころかアウトボールになってしまうほど、打ちにくいものです。

そのため、テニスの試合で勝つためには、強いストロークを打てるよう練習をしておくことがとても大切となります。


2.強いストロークを打つための練習メニュー

伸びるボールを打つためにはボールにしっかりと回転をかけ、踏ん張って打つことが大切となります。

そのため、踏ん張る力を上げるために、スクワットなどを取り入れると良いでしょう。

踏ん張ることができなければ、地面からの力をボールに伝えることができません。

また、地面を足の裏で感じることも効果的であり、練習前にレディーポジションを取った時に、体の軸がしっかりと真ん中を通っているか、足でしっかりと体重を支えているか感じるようにしましょう。

地面からの力をスイングにスムーズにつなげる練習として、素振りを行うのも良いです。

強いストロークを打つテニス選手は、腰を一瞬で入れ替えるように回し、その流れで腕を振り抜いています。

素振りでは、地面からの力を感じながら、腰の回転で腕を振り抜く感覚を大切にして、行いましょう。

腕に力を入れなくても、スイングをすることができることがわかります。

これらのことを意識しながら練習を続けることで、ストロークが上達して強いストロークを打てるようになるはずです。

安定感が増し、一球一球が相手にとって怖い威力のあるショットになることでしょう。

強いストロークを習得することは上級者への近道であり、とても難しいことでもあります。

焦らずにでも確実にテニスの強いストロークを身につけていきましょう!






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!