テニスのストロークの戦略は本当にいろいろなパターンがありますが、特に初心者の方にもおすすめのパターンを中心に紹介します。


1.テニスのストロークの戦略パターン

テニスのストロークの戦略パターンとしてはラリーをどのように行うのか、意図を明確にすると分かりやすくまとめられます。

相手に攻めさせず、チャンスをうかがうつなぐボール。

すぐに決められるわけではないものの、相手の体勢を悪くする崩すボール。

そしてウィナーを狙う決めるボール。




それぞれのボールに色んな種類がありますがまずはつなぐボールがもっともイメージしやすいと思います。

つなぐボールは相手のコート深くに返球し、自分がミスしにくい範囲で相手になるべく隙を与えないように返球することが求められます。

相手がいいショットを打ってきた場合は守るショットに近くなり、スライスになることも時間を稼ぐためにロブのようなショットをつかうこともあります。

次に崩すボールですが、ここではショートクロスを打ったり、相手の意表をついて相手に取らせるくらいのドロップショットなどもパターンとしてあります。

崩すボールは相手のつなぎのボールが甘い場合に狙うことが多く、相手の返球がチャンスボールになることを狙うショットになります。

また、敢えて高速スライスを打ったりして、相手のミスを誘う場合もこれに含まれます。

最後に決めるボールですが、これは崩すボールで作ったオープンコートにボールを叩き込むショットになります。

ショートクロスの後のダウンザラインなどは典型的ですね。

他にもクロスに深いショットを打っておき、ライジング気味にドロップを打ったりすることもあります。

ポイントはオープンコートがどこに作れているのかを判断することです。

無理に攻めてしまうと逆にカウンターを取られることにつながりますから、しっかりオープンコートを作ることにまずは注意するとよいでしょう。


2.アプローチという選択肢を

ストロークの選択肢として取り入れることをおすすめするのが、崩すボールもしくは、決めるボールとしてのアプローチショットです。

アプローチは相手から返球が来てもボレーで仕留めることを想定しているため、決めるボールでもそこまで威力が必要になりません。

ボールをコントロールすることが得意であればアプローチのバリエーションを増やすことで非常に多彩な攻めを展開できますので、おすすめです。


3.まとめ

ストロークの戦略はオープンコートをどうやって作るかにありますので、逆に自分が守る側のときはオープンコートを作らないようにすることが重要になります。

自分の得意なショットはどれに当たるのか、上達させる必要があるのはどのショットなのか意識しておくとより上達も早くなります。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!