相手のボールが速くてしっかり打ち返せないとお悩みではありませんか?

今回ご紹介するポイントを意識しておけば、相手の打つストロークに打ち負けることが減りますよ。

この点を意識しておくと一気に上達しますので、是非参考にしてみて下さい。

1.相手のストロークに打ち負けるのは準備が遅いから

相手の打つボールに打ち負けるというのは、体の前でボールを打ち返せていないからです。

人間の体の構造的に、体の前と後ろとでは力の入りやすさが異なります。




基本的には体の前の方が力強いボールを打つことが出来ます。

ですが、体の前でボールを打つ為には、ボールを打つ為の準備を早めに済ませておかなければなりません。

フォアハンドなのかバックハンドなのかを瞬時に判断し、テイクバックをして、ボールの飛んでくる位置に移動して・・・ということを素早く行う必要があります。

ところが、相手の打つ速いボールに対してこれらの準備が遅れると、どうしても体の真横や後ろでボールを打つことになってしまいます。

結果、相手のストロークに打ち負けるという現象が起きてしまうのです。

2.準備を早める為には

相手の打つストロークに打ち負ける原因はお分かりいただけましたでしょうか?

逆に言えば、準備を素早く行うことが出来れば相手のボールに打ち負けることが減ります。

ここでは、ボールを打つ為の準備を素早く行うコツをお伝え致します。

1.テイクバックをしてから移動すること

皆さんはテイクバックをするタイミングをご存知でしょうか?

テイクバックをするのは「移動をする前」、もしくは「移動をしながら」です。

移動をし終わってから「ヨイショ」とテイクバックをするのでは準備が遅すぎます。

ボールが飛んでくる方向がわかったら、移動をしながらラケットを引き、「移動し終わったらラケットを前に振るだけ」という状況にしておきましょう。

2.テイクバックをする為には上半身をひねる

相手の打つボールが速い時、いつもと同様に腕を目一杯引いてテイクバックをしていたら間に合いません。

そんな時は体の前にラケットを構えたまま上半身をひねって、ほんの少しだけラケットを引いて挙げれば十分です。

ただし、フォロースルーはしっかりと大きく行うようにして下さい。

それをするだけで格段に準備が速くなり、ストロークが上達しますよ。

3.ストロークで打ち負ける場合の対処法まとめ

相手の打つストロークに打ち負けるのは、準備が遅いからです。

その準備を早める為には「移動しながらテイクバックをする」「速いボールに対してのテイクバックは上半身をひねるだけ」の2点を忘れないようにして下さい。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!