テニスのクロスのストロークはつなぐボール、ウィナーを狙うボール、ショートクロスのパッシングなど、様々なものがありますので、今回はこれらについて触れます。


1.テニスのクロスのストロークについて

テニスのクロスのストロークは基本はつなぐボールになります。

相手コートのベースラインとサイドラインの間でシングルスであればサイドラインから1m程度の位置を、ダブルスならシングルスのサイドライン上を狙います。




これはサイドアウトをある程度ケアするために、狙うポイントを厳しくしないことが大切です。

次にウィナーを狙うクロスの場合ですが、これはシングルスであればサービスラインにより近く、サイドラインからもボール5個程度辺りまでの位置を狙うと角度がつき、ウィナーをとることができます。

この場合、ネットの低い位置を狙うことになりますので、打点をなるべく上げることが重要になってきます。

最後にショートクロスですが、これはサービスライン上、もしくはサービスラインからボール5個程度まで内側の辺りで、サイドラインからおなじくボール5個程度までのエリアを狙います。

ショートクロスは相手が前に来たときのパッシングとして使うこともできますし、ラリーの中でウィナーを狙うこともできます。

また、ラリーの中で相手を走らせオープンコートを作らせる崩しにも使うことができます。

ショートクロスを使えるようになるとコートを広く使うことができ、戦略に幅がでますので、是非身に着けてほしい技術になります。


2.ショートクロスの打ち方

ショートクロスの打ち方ですが、基本的にはスピードを上げるのは難しく、あくまで回転とコース重視になることには注意してください。

そのうえで打ち方としてはボールのどの部分を捉えればよいかをイメージしてください。

ショートクロスにボールを運ぶには、ボールの外側、しかも若干下側をこするようなスイングで捉えることが必要になります。

そうすることで若干ですがサイドスピンがかかりますので、バウンド後、相手からボールが逃げていくように弾んでいきます。

ただ、サイドアウトが怖いので、あまりサイドスピンをかけすぎないか、かける場合は少し内側をヒットすることが大切です。


3.まとめ

クロスの中でもいろいろなバリエーションがありますので、どの技術を身につけたいか、上達させたいのかを明確にし、練習を行うと良いです。

練習は普段のラリーの中で時おり混ぜる程度で十分です。

ある程度上達してくればクロスのボレー対ストロークで何球かに1球ショートクロスかロブを打つ、というようなルールで練習すると打つ機会も増え、上達しやすいでしょう。

是非練習してみてください。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!