テニスのスマッシュはサーブと同じように打てば良いと勘違いしている人もいると思いますが、実は全く違うものなのです。

サーブと同じようにしていては、タイミングはあいませんし、ボールに当てることすら難しいかもしれません。

ただ全く違うということではなく、あくまで基本はサーブの形からで良いです。

今回は正しいスマッシュの腕の使い方についてお教えします。





1.テニスのスマッシュの腕の使い方

テニスのスマッシュはサーブと同じ打ち方を最小限に行うのが理想的です。

つまり横に向いた体を正面に向けながら打つことができる、プロネーションができるなどといったことです。

重要なのは、姿勢を崩すことなく振り抜くことです。

サーブほどのスピードや威力は必要なく、コントロールや安定性が求められるのがテニスのスマッシュです。

姿勢が崩れてしまうと、コントロールができなくなり、不安定となるため、フォロースルーまでしっかりと姿勢良く打つように心がけましょう。

ほとんどサーブと同じように打つのですが、ボールを打った後に手のひらを外に向けるような腕の使い方をしましょう。

そうすることで、しっかりと回転がかかり、決定力の高いスマッシュが打てるようになります。

ロブが来たら瞬時に半身になりますが、この時に手は顔の横くらいの高さで保つようにし、下げすぎないように注意してください。

正しい腕の振り方でテニスのスマッシュの上達を図りましょう。


2.スマッシュの打点への入り方

打点は後ろよりも前の方が良いのだが、ロブの軌道は読みにくく最初のうちはなかなか打点を前に捉えることができないかと思います。

打点への入り方は基本的に他のテニスのショットと同じように、細かいステップを用います。

あとは前で捉えるだけなのですが、これは慣れによるところが大きいので、数を打つ練習をしましょう。

ただ注意したいのは、打点に入ることに慣れていない間は、思いっきり打つのを避けるということです。

なぜなら、打点が安定しないうちから思い切り振り抜くと、変なフォームが身についてしまい、打点を前で捉えても正しい腕の振り方ができなくなるためです。

最初のうちは、軽くスイートスポットにボールが当たっているかを確認しながらやることが上達の近道とも言えます。

そもそも練習しないという方が多いスマッシュなのですが、ぜひ練習メニューに取り組んでみてください。

いきなり実戦ではなく、余裕のある球出しの練習から始めるのがオススメです。

頑張って武器となるスマッシュを手に入れましょう!






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!