テニスのスライスショットが深く打てないとお悩みの方はいらっしゃいませんか?

スライスショットに慣れていない方はどうしても浅くなりがちで、且つ緩やかな軌道で飛んでいくので相手にとってはただのチャンスボールでしかありません。

チャンスボールになってしまえば相手に強く打ち込まれてしまい、結果的に自分の首を絞める形となってしまいます。

そうならない為にも、今回はテニスのスライスショットを深く打つ為のコツをお伝え致します。




1.スライスショットを打つ為のコツはフォロースルー

テニスのスライスショットが浅くなってしまうとお悩みの方は、フォロースルーが上手く出来ていないケースが非常に多いです。

バックスピンをかけようとすると、自然とラケットが上から下の軌道で動いてしまいがちです。

「ボールを切るように打って回転をかけつつ弾き飛ばすイメージ」で打ってしまうと山なりの軌道を描いて浅くなってしまいます。

そうならない為には、しっかりとラケットを体の前に押し出して、フォロースルーを行うことです。

テニス雑誌に掲載されているプロの選手の連続写真を見て頂けるとわかりますが、スライスショットを打ち終わった際の腕の位置が、胸の高さで終わっています。

スライスショットにおけるフォロースルーは、地面に向けて行うのではなく、胸の高さで終わるように行いましょう。

そうすることで、相手のコート深くまでボールが飛ぶようになり、一気にスライスショットが上達します。

2.スライスショットを打つ際の膝(ひざ)も大事

テニスのスライスショットを深く打つ為には、膝を使うことも大事です。

膝を上手く使うためには、体をしっかりと横向きにしましょう。

体を横向きにした状態で、右足を大きく前に出し、ボールを打つ際に右膝を曲げて体を沈み込ませるように打ってみてください。

その上で、上記のフォロースルーをしっかりと行うと、低く滑るスライスショットが相手のコート深くまで飛んでいきます。

3.テニスのスライスショットを深く打つ為に大事なことまとめ

テニスのスライスショットを深く打つ為には「フォロースルーをしっかりと行うこと」「膝を曲げて沈み込ませる」の2点が重要です。

膝を曲げて体を沈み込ませると、フォロースルーまで下に下がってしまいがちなので胸の高さで終わるように気持ち上目にラケットを振ると良いでしょう。

この2点が出来るようになると、あなたのスライスショットが格段に上達しますので是非チャレンジしてみてください。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!