テニスに限らず他のスポーツでもフォアハンド、バックハンドが存在します。

普通は利き手側のフォアハンドは力が入りやすいので強く打つことができ、利き手とは反対側のバックハンドは力が入りにくいものです。

ですから、テニスの場合もバックハンドは強く打てない場合が多々あります。

そこで、強く打つのではなくカットしてボールを打っていく打ち方、バックハンドスライスが有効になってきます。




また、バックハンドスライスには攻撃的なスライスと守備的なスライスがあり、状況に合わせて使うことにより戦術面でも幅が広がり、テニスの上達につながっていきます。

そのバックハンドスライスが上達していく練習方法を紹介していきます。


1.球出し練習

まずはバックハンド側に球出しをしてもらい、ボールの下にラケット面を滑り込ませてスライス回転をかけていきます。

最初から最高のショットを打とうとせず、打った後にボールが上に上がり、自分の足元に落ちてくるようにしてみましょう。

つまり、前に飛ばさず真上に打てるかどうかの練習です。

この練習で前に飛びすぎていたり、当たらなかったりする場合は、自分のラケットの面の向きや当てる感覚にズレが生じていますので、確認のためにもおこなってみましょう。

同様に次は少し前に落とせるかどうか、目安はサービスラインあたり。

次はネットの白帯にあたるように、と徐々に距離を出していきます。

距離を出すにはボールの下にラケットを入れるだけでなく、運ぶ動作が必要になります。

このような形でスライス回転を掛けながら前へと運ぶ感覚を身につけましょう。


2.守備的なスライスの練習

バックハンドスライスの感じがつかめてきたら、次は当て方を変えていきます。

まずは守備的なバックハンドスライスの場合です。

球出しを厳しめに出してもらい、走って行って山なりにスライスを打ち、なるべくベースライン付近の深いところを狙っていきます。


3.攻撃的なスライスの練習

次は攻撃的なバックハンドスライスです。

少し浅めに球出ししてもらい、今度はあまり浮かないように直線的に打っていきます。

ラケットヘッドを立てて、ボールの下でなく、後ろを上から押さえつける感覚で打ちます。

ボールの軌道が直線的でバウンド後に滑るように打てれば最高です。

このように、バックハンドスライスは守備的要素、攻撃的要素の両方があります。

状況に応じて使え分けられれば、ゲームを有利に運べます。

バックハンドスライスを練習して幅を広げてテニスを上達させていきましょう。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!