みなさんはテニスの試合や練習中にスライスを打つことができますか。

テニスのスライスの打ち方がわからない、スライスはなんだか逃げているみたいだから使わない、どこで使えば良いかわからない人など、スライスに対してネガティブなイメージを持っている人が沢山いるかと思います。

でもスライスは、テニスのシングルスでもダブルスでも沢山の場面で使うことができるため、とても魅力的なショットなのです。

今回はスライス嫌いな人たちのために、ぜひ覚えたいバックハンドのスライスの打ち方について説明します。





1.テニスの試合で役に立つスライスとは

テニスにおけるスライスとは、ボールにバックスピンをかけることを言います。

バックスピンがかかったボールは、ドライブや突飛スピンとは違って、低く伸びる球質を持っています。

さらに、速度が遅いため、相手のタイミングをずらすことができます。


2.テニスのバックハンド・スライスの打ち方

テニスのバックハンドでのスライスの打ち方って知っていますか。

ボールにバックスピンをかけるのだから、切る感じだと思っている方が多いのではないでしょうか。

しかし、実際には切る感覚よりもフラットで当てて削ぐ感覚です。

切る感覚を持っていては、スライスを応用させたショットは難しいので、感覚をここで入れ替えましょう。

打ち方は、バックハンドのボレーとほとんど同じです。

ボレーよりも大きくテイクバックをして、振り抜いてボールを運ぶようにコントロールします。


3.バックハンド・スライスを応用したショット

バックハンドだけでなく、スライスにはいろんな種類があり、覚えておきたいものを紹介します。


1.滑るスライス

これはコートにバウンドした後に滑るように低く沈むボールであり、このボールはほとんど強打されません。

つまり、相手につないでほしい時に打つべきものです。


2.バウンドするスライス

コートにバウンドした時に、真上に跳ねるような軌道を描いたり、横に跳ねたりするボールを打つことができます。

これは相手のタイミングや姿勢を崩すことが目的であり、攻め込まれないのが利点です。


3.ドロップショット

これはテニスのスライスと同じ姿勢で打つのに、手前に落ちるボールです。

同じフォームから打ち分けられるようになると、スライスの構えをしただけで相手に警戒心を抱かせることができるので、とても便利なショットです。

スライスから多くの種類のショットが打てることがわかったかと思います。

全てとはいかなくてもいくつかは覚えて、戦略的に相手からポイントを取れるようになりたいですね。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!