テニスではスライスサーブは相手を外に追い出すという有効打の一つとして挙げられますが、狙い方は様々です。スライスサーブのコースが有効になる場所を紹介します。


1.アウトワイド

スライスサーブが有効として挙げられる理由は、やはり相手を外に追い出すことにあるからです。従って右利きの場合はデュースサイドから、左利きの場合はアドサイドでスライスサーブは有効になります。




テニス用語で外側に追い出すサーブをアウトワイドと言います。スライスサーブで使う際に多用されています。

右利きの人がスライスサーブを打つ際、デュースサイドからアウトワイドを狙います。

右から左へ曲がるサーブを打つので、コースの狙い方に工夫が必要です。

いきなり外側を狙うというのは相当なイメージと経験値がなければ難しいと言えます。しかしまずはネットのどの付近をボールが通るかが重要になってきます。

基準としては、ネットのセンターベルトからラケット何本分左を通すかになります。(左利きの場合は何本分右)

よく曲がるスライスサーブを打てる人は、センターベルトからラケット半本分、まだ上達に時間がかかり、コースも不安定な人はラケット1本分を通すとアウトワイドへのコースを確保しやすくなります。

またアウトワイドへのコースを狙う際、さらに簡単な方法としては、サーブの立ち位置を変えることです。なるべくシングルスサイドラインに近づいて打つと、アウトワイドへのコースが確保しやすくなります。

その際はまたセンターベルトからラケット何本分を通すか確認してみましょう。


2.ボールの外側を捉える

スライスサーブでアウトワイドをコースとして狙う方法としてボールのどの場所を捉えるかが重要になってきます。

テニスというスポーツは初心者から学ぶことが非常に多く、ボールのどの場所を打つのかというのはなるべく早く知識に入れておいた方が短期間での上達につながります。

スライスサーブで、尚且つ曲がるサーブを打つにはボールの外側を打つことで、より質の高い曲がるサーブを打つことが実現します。

またスイングスピードを上げることで回転量が増しますので、スライス回転が更にかかります。しかし体重移動は蹴り足を使って、上へジャンプする感覚を持つと成功しやすくなります。

効果的な練習メニューとしては、まずネットから近い距離でスライスサーブを打つことをお薦めします。

サービスラインからのスライスサーブを打つことで、軌道を理解し、センターベルトからラケット何本分を狙えばアウトワイドへのコースを確保できるかなどが明確に理解できます。

上達のヒントとして、テニスでは段階的に目標を設定して練習に取り組んでいく方が達成しやすいでしょう。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!