テニスを始めたばかりの初心者にとって一番難しいショットはサーブではないでしょうか。

野球をやっていたり、バドミントンなどをやっていた経験のある方はある程度、上のボールを打つという感覚があり、スムーズに打てたりもしますが、普段の生活の中でサーブのような動作はほとんどが無いので、感覚的に難しかったりします。

更に、そのサーブを入れていかないとゲームが始まりませんので少し慣れてきても難しいショットです。




そこで、テニスの初心者の方にオススメしたいのがスライスサーブです。

スライスサーブは回転が掛かって落ちるのでサーブが入りやすくなります。

そんな初心者が上達できるようなスライスサーブの練習方法を紹介していきます。


1.ボールの横を擦る

スライスサーブの回転は横回転です。

トスをやや右上に上げてボールの外側を削り取るようにラケットを当てていきます。

ボールの真後ろにラケット面を真っ直ぐ当てるのではなく、ラケットのフレームから振り、ボールに対してラケット面が斜めに当たるようにします。

薄く当てすぎてしまうと前に飛んでいかないので、当て具合は練習していきましょう。


2.高い打点から打ちおろすイメージ

先ほど説明したように、当たる瞬間はラケット面は斜めです。

その感覚で自分の一番高い打点からボールを打ち下ろすイメージでボールを打ちます。

一番高い打点ということは肘や手首が伸び切っているはずです。

初心者の方はサーブの時に必要な内転などのプロネーションを意識してしまうとラケットが振り切れなくなってしまいます。

あまり、肘、手首の動きを意識しないで一気に振り切れるようにしていきましょう。


3.打った後は指を巻き込む

伸びのあるスライスサーブやキレのあるスライスサーブはある程度慣れてきて、中級者くらいにまで上達した時にチャレンジしていきます。

指を巻き込むようにすると伸びやキレは出ませんが回転がしっかりと掛かりやすくなります。

インパクト後は指、特に人差し指を引っ掛けるように巻き込んでみましょう。

空中で左側に曲がっていけば回転が掛かった証拠です。

初心者のためのスライスサーブですから、最初から速いスライスサーブ、伸びのあるスライスサーブを期待せず、スライス回転を掛けることに集中して練習してみてください。

繰り返し練習していくと回転を掛ける感覚が上達していきます。

テニスの初心者は、まずは回転のかかったサーブで少しずつサーブの感覚を磨き、慣れてきたらスピードを上げたりフラットサーブを練習していくと上達も早いと思います。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!