テニスのサーブでスピードが上げることを上達すると、サービスエースを取りやすくなったり、サーブでポイントを取りやすくなります。

特に男子テニスではサーブのスピードはとても重要視されます。

そこで、サーブのスピードの上げ方と練習メニューをいくつか紹介します。


1.テニスのサーブのスピードの上げ方

まず、サーブのスピードを上げることで大切な事は、スウィングの速さです。

スウィングを速くすることにより、ボールにもスピードが出ます。




しかし、手の力だけで、ラケットを振り、スウィングのスピードを上げるだけでは安定してサーブは入りません。

体全体をうまく使いつつ、スウィングを早くする必要があります。

そうすると、大切になってくるのはトスの位置です。

速いサーブを打つためには、少し前の方にトスを上げる必要があります。

トスを前に上げることにより、しっかり前に体重をかけれるからです。

次に、足の使い方です。

足はしっかり膝のバネを使い、前に踏み込むような感じで全体重を前に載せましょう。

次に、体のひねりをしっかり使うということです。

イメージとしては、肘からボールを打ちに行くようなイメージです。

最後は、グリップをとにかくしっかり握るということです。

スウィングスピードを上げるためには、しっかりグリップを握らないと、当たった瞬間面がブレてしまいます。

以上の点を意識してサーブを打つと、テニスのサーブのスピードが上がります。

また、体幹を鍛えることにより、より速いサーブを打つこともできます。

では、サーブのスピードを上げるための練習を紹介します。


2.体を大きく使ってスウィングをする練習

まずは、体を大きく使い、スウィングスピードを上げる練習です。

通常のサーブの位置からサーブを打ちますが、狙うところは、サービスラインの内側ではありません。

コートの向こうのフェンスを狙って打ちます。

できればノーバウンドでフェンスまで届くように頑張りましょう。

この時、下半身のバネと上半身のひねりを大きく使い、スウィングスピードを意識して、体全体を大きく使って打たないと、フェンスまで到達しません。

速いサーブを打つ時と同じ体の使い方です。

この練習をすることで、体の使い方が身につき、上達につながります。


3.的を狙ってサーブを入れる/h3>
先ほどの練習で、体の使い方のコツをつかんだら、実際にコートに入れていく練習をしましょう。

的を置いて狙って打つと良いでしょう。

コートに入らない場合は、少しスピン回転を意識することがポイントです。

練習で体の使い方を覚え、尚且つトレーニングで体幹や腕などの筋力をつけると、さらに上達し、より速いサーブを打つことができるでしょう。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!