テニスのサーブには、フラットサーブだけでなく、スピンサーブや、スライスサーブなどのように、回転をかけるサーブがあります。

スピンサーブとは、相手のコートにバウンドしてから、高く跳ねるサーブのことです。

男子テニスでは、よく使われるサーブです。

また、セカンドサーブでスピンサーブを使うことによって、高く跳ねて食い込んでくるので、相手に打ち込まれにくいです。




スライスサーブとは、ボールを切るようにして打ち、相手のコートにバウンドしてから、外側に逃げるようにバウンドするサーブのことです。

右利きなら、フォアーサイド、左利きならバックサイドからスライスサーブを打つと相手をより外に追い出せるのでより効果的です。


1.スピンサーブの打ち方

スピンサーブは、ボールを下から上にこするイメージでボールを打ちます。

そして、気持ちネットの高いところを通すイメージです。

スピンサーブを打つときに大切なことは、手首の使い方です。

スピンサーブでは、手首の内転をしっかり意識して打ちます。

ラケットにボールが当たった後、親指を外側に向けてフォロースルーを取るイメージです。

トスは、少し自分の後ろの方に上げましょう。

膝のバネを使って、下から上にボールを押し上げることも大切です。


2.スピンサーブの練習法

スピンサーブの効果的な練習法を紹介します。

まず最初は、サービスラインからサーブを打ちます。

この時、普通にサーブを打つのではなく、膝を地面につけた体勢でサーブを打ちます。

手首の内転を使って、下から上に打たないとネットを超えません。

この動きが、スピンサーブを打つときに大切な動きなので、しっかり練習するとスピンサーブの上達に繋がります。


3.スライスサーブの打ち方

スラースサーブは、ボールを切るようなイメージで横回転をかけます。

トスは、身体の外側に上げると、スライスサーブを打ちやすいです。

スライスサーブは、スピードは速くなくて構いませんが、いかに回転をかけれるか、相手を外に追い出せるかが大切です。

また、ネットの上低めを通して打つとより効果的です。

スライスサーブは、ダブルスでもっとも効果的です。

相手がコートの外から打つことになるので、ポーチをかけやすいです。

普段のサーブ練習で、スライスサーブを混ぜながら練習すると、上達につながります。

スピンサーブとスラースサーブは、跳ね方が全然違います。

テニスの試合中に、状況に合わせて使い分けると良いと思います。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!