プロテニス選手に限らずほとんどの人が、ジャンプをしながらサーブを打っていますよね。

ジャンプしない人の方が珍しいのではないでしょうか。

では、なぜ多くの人はジャンプをしながらサーブを打つのでしょうか。

テニスのサーブがジャンプをしながら打つのはなぜなのか、そしてそのコツをお教えしたいと思います。


1. ジャンプして打つサーブの効果

テニスのサーブでジャンプすると何が変わるかというと、体が地面から離れるので、打点が高くなりますよね。




サーブはネットを越えて、相手のサービスエリアに入る必要があるので、直線的なサーブは打つことができないですよね。

ただ、打点が高いほど直線により近い軌道のサーブを打つことができるので、高ければ高いほどサーブが強くなることや、ネットを越えないということがなくなるのです。

また、ジャンプする時に地面を蹴るので、地面からの反力も使った良いテニスのサーブを打つことが可能となります。

ジャンプして打つので、良いリターンが来た時に迅速に対応できないかもしれないですよね。

でも、良いリターンはサーブの配球が読まれているか、体の力を使えていない弱いサーブを打ってしまった時です。

ジャンプをしながら打つことで、力の強いサーブが打てるので、良いリターンが返ってくる心配がないのです。

つまり、ジャンプしてサーブを打つことのメリットはあるものの、デメリットはないのです。

ぜひ、ジャンプして打つテニスのサーブを自分のものにしたいですよね。


2.ジャンプして打つサーブのコツ

1番力をかけられるのは、足の角度が120°くらいだと言われています。

つまり、高く飛ぼうとしすぎて、足を曲げすぎても良くないということです。

ただジャンプをすることではなく、地面を蹴ったことによる地面からの反力を利用するためなので、地面を蹴るイメージで行います。

ジャンプするタイミングは、トスアップをした直後です。

足は揃える人や揃えない人もいるので、自分の好みでより地面からの力を感じることのできる方で行いましょう。


3.ジャンプをするための練習方法

足の力が大切となるので、シンプルな練習のスクワットだけでも構いません。

しかし、ここでは足を鍛えるついでに全身の筋肉やバランスも鍛えることのできる練習方法をお教えします。

片方の足を90°にするように片足立ちをして、つま先で細かくジャンプを繰り返します。

できるだけまっすぐジャンプを行うようにし、50回ずつ2セットを繰り返すと良いでしょう。

この時注意したいのは、ただただジャンプするのではなく、着地の時はできるだけ静かにすることです。

静かにやることで、足への負担が減りますし、より効果的な練習となります。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!