テニスについて悩みはありますかと聞かれて、一度はこう思ったことはあるのではないでしょか。

サーブが入らない、試合でダブルフォルトを量産してしまう、サーブに自信をもって打てない。

これは、テニスにおいてとてもありふれた悩みです。私もサーブで困っているプレイヤーを数多く見てきました。

そして、そういうプレイヤーには共通点があります。そこで今回はその共通点とそれを克服する練習メニューを紹介しています。


1.「フォーム改善」

サーブが入らない人の共通点の一つとして、フォームが確立していないという点があります。

極端な例ですが、自分と身長が変わらないトッププロのサーブを同じフォームで同じ力で真似して打てば、いいサーブが打てます。

別にトッププロでなくとも、自分が打った以前良かったサーブをそっくりそのまま真似して打てば理論上は以前と全く同じサーブを打つことが出来るはずです。

これが出来ればサーブでは苦労しませんが、サーブが上手い人は球種やコースによって若干の違いはありますが、たいてい同じようなフォームでサーブを打つことが出来ています。




しかし、サーブが苦手な方々はサーブのフォームや打点がバラバラなのです。

例えばトスを上げたときのボールの軌道、スイング軌道、打点の高さ、力の強弱、フォロースルー全てに一貫性がありません。

これに、一貫性を持たせるために、まずして欲しい事はトスの改善です。

トスが悪いとスイングも体の使い方もトスに合わせて悪くなっていきます。

逆にトスを一定に上げることが出来たなら、その後の動作も一定になっていきます。

ここで理想的なトスを上げる練習メニューについてお話ししたいと思います。

まず、トスを上げる手と逆の足を半歩だして、そのつま先にラケットのグリップエンドをつけて地面におきます。

そして、トスを上げてみてください。

トスを上げる際ボールをしっかりつかむのではなく、手の腹の上に置くまたはおちょこを載せるようにボールをおいて下さい。

05-001

05-002

そしてトスを上げるときは腕の関節を曲げずしっかり伸ばした状態で上げます。

そして、ボールは無回転で上がっていることがベストです。

そして、ボールを落下させて、ラケットの面に当てることが出来たら成功です。

10回連続で成功出来たら上等です。


2.「体の使い方」

次に体の使い方です。

サーブについて自信がない人はサーブを打つ際に自信のなさそうな打ち方をします。

どういう打ち方かといいますと、胸の開きを抑えて上半身が丸まった状態で打っているのです。

これのいけない所は、胸が開いてない、背筋が曲がっているという状態です。

この状態でサーブを打ちますと、一番高い打点でボールを捉えることが出来ないどころか、それ以前に身体の筋肉が十分に使えていません。

だから、サーブを打つときは体感を意識してみてください。

体に一本の棒が通っていると思って、背筋を張り、胸を開いてみてください。

そうすることによって、サーブを高い打点でとらえる事が出来てより入る確率が上がるはずです。


3.「ターゲット練習」

サーブが入らない人がサーブを練習するとき、ターゲットを狙わない傾向があります。

恐らくそういう人はコースどうこうよりサービスボックスに入れる事が先決だ。

と思っているのでしょう。

しかし、そのままでは恐らくいつまでたってもサーブの確率は上がらないのです。

なぜかというと、狙いが定まってないからです。

狙いが広いからコースが曖昧になり、曖昧で適当なサーブを打ってしまいます。

だから、いっそのこと狙うコースを限定してみてください。

ターゲットをおいてもらった方がはかどります。

コースを限定することによって、狙いが狭まりそこにコースが集中するようになります。

つまり、サーブでお悩みの方はサービスボックスの真ん中にコースをしぼりサーブを打っていくことによってサーブが入るようになるわけです。


4.「まとめ」

今回は、サーブが入らない方の共通点とその改善法をあげながらお話してきました。

特にターゲット練習には多少サーブのフォームに自信がない方でも、サーブが入るようになる、基礎的かつ有効な練習メニューです。

今後のテニスでのターゲット練習を軽く見ないようにしましょう。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!