テニスの試合でなかなか勝てないとお悩みの方はいませんか?

そんな時は「ドロップショット」と「ロブ」を効果的に使ってあげると、途端に勝てるようになりますよ。

今回は、そんな魔法のような「ロブとドロップの使い分けについて」をまとめていきます。

1.テニスは相手のペースを崩した方が勝つ

テニスは基本的に「読みあい」です。

相手がどちらに打ってくるのかを見極め、先回りし、しっかりと準備をした上で強力なショットを打つことでポイントを取ることが出来ます。




ですが、実際には「相手のミス」で得点する機会が非常に多くもあります。

こちらの体力も温存できますし、相手にミスをさせて得点した方がとても楽に試合に勝つことが出来ます。

では、相手にミスをさせるためにはどうすれば良いのか?を考えてみましょう。

答えは簡単で「疲れさせれば良い」のです。

2.ロブとドロップを使い分けて相手を疲れさせよう

上述しましたが、テニスの試合で勝つ為には「相手にミスをさせないといけません」。

その為には、相手を疲れさせる必要があります。

テニスにおいて相手を疲れさせるためには、走らせ続けるという方法があります。

最も良い方法は相手を左右に走らせるということですが、自分自身に右・左と打ち分ける技術がないとそれは出来ません。

ですが、相手を前後に走らせるという事であれば、誰でも簡単に出来ます。

要は「少し弱く打って相手を前に出させて、次に相手の頭上を越えるボールを打つ」を繰り返せばよいのです。

この「少し弱く打つ=ドロップ」「相手の頭上を越えるボールを打つ=ロブ」という使い分けができるようになると、あなたのストローク技術はワンランク上達したといって良いでしょう。

3.テニスにおけるロブとドロップの使い分けについて

今回は「テニスの試合に勝つ」という目的で、戦術的な面でまとめてみました。

書いてある内容自体は非常にシンプルで、相手を走らせ続けて疲れさせることでミスを多くさせるということだけです。

相手を疲れさせるためには走らせ続ける必要がありますが、左右に打ち分けるよりも前後に打ち分ける方が格段に簡単です。

是非、相手を「前後に走らせる」ということを知っておき、試合で実践してみてください。

驚くくらいに相手がミスをしてくれるようになり、簡単に試合に勝てるようになりますよ。

そうすれば、あなたのストロークの技術はすべてにおいて上達したと言って差し支えないでしょう。

ロブとドロップの使い分け、是非チャレンジしてみてください!






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!