テニスのプロの試合では、ファーストサーブは200キロ越え、セカンドサーブも150キロ越えなどはよく見られます。

しかし、我々一般人のテニスの試合では、そうあるスピードではありません。

ファーストサーブで120キロ、セカンドサーブに至っては100キロも越えていかず、特にセカンドサーブは山なりのゆっくりとした遅いサーブ、というのが主流ではないでしょうか。

これはサーブが入らないと試合にならないので仕方のない部分かもしれません。




しかし、リターンする側は、そのゆっくりした遅いサーブにも対応していく必要があります。

意外に速いサーブというのは合わせればリターンできたりしますが、ゆっくりとした遅いサーブは合わせれば良い訳でなく、自分からエネルギーを加えていかないといけません。

その遅いサーブに対するリターンが上達するための注意点をを説明していきます。


1.リズムに気をつける

当然ですが、速いサーブに比べてスピードがありませんから、タイミングも変わってきます。

速いサーブであれば、ステップ→1→2で打っていきますが、遅いサーブの場合はストロークに似たタイミングでステップ→1→2→3のタイミングで打っていきます。

ストロークに近いタイミングになるので踏み込んでから打つ形になります。

また、速いサーブと同じようにステップ→1→2で打ちたいのであれば「1」で軸足に体重を乗せている時間を調節していきましょう。


2.サーブの軌道に気をつける

速いサーブに比べて、遅いサーブはバウンド後の伸びがありません。

つまり、直線的な軌道でなく、山なりの軌道になったりします。

速いサーブ同様にレベルスウィングをしてしまうと山なりの軌道のボールには合わせづらいです。

ボールの軌道に合わせたスウィングを心掛けましょう。


3.力みを極力減らす

これが一番難しいところでしょう。

遅いサーブがくるとついつい打ち込んでやろう、とか強いリターンをしてやろう、と考えてしまうものです。

力みは感覚なので力むなと言われても力んでしまうものですが、まずリラックスして無理のない範囲内でリターンすることを心がけてください。

心に余裕が出てくると力みが消えて良いリターンが返ったりするものです。

以上が遅いサーブに対するリターンの注意点です。

上記の説明はストロークにも応用できる部分もありますのでストロークの上達にも役立ててみてください。

一般のテニスのレベルでのサーブ、特にセカンドサーブはゆっくりとした遅いサーブがくることが多いと思いますので、遅いサーブを攻略していくことは上達する上で必要になってきます。

速いサーブの攻略だけでなく、遅いサーブに対する攻略もして相手のサーブをブレイクできるように練習していきましょう。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!