ロブリターンは次の準備にするために効果的なリターンの一つです。速くボールを打つだけでなく、緩いボールのショット打つ技術を磨くことでテニスの楽しさを見出すことができます。


1.後傾姿勢によるロブの準備

速いショットや強く、重みのあるボールは前傾姿勢や、上半身の旋回運動などが重要になってきますが、軌道の高いショットを打つとなると後傾姿勢になることが、ロブを打つには最適な方法と言えます。




ロブを打つにはボールの下側を打つ必要があり、視線がボールと同じになるくらい重心を落とさなければなりません。

後傾姿勢になることで、ボールの下側にラケットが入りやすく、下から上へのスイングがし易くなります。

但しテニスでいう後傾姿勢とは、体全体が反っているわけではありません。

先述したように、重心を低く保ち、安定させて上半身が若干後ろ体重になるというイメージです。

リターンでロブはボールを上に打ち上げるだけでは、相手に次のショットで攻撃されてしまうというのがテニスです。その為には体の安定度が高い質を保っていなければなりません。

またラケットスイングはボールの下側を打ち上げる形になるので、下から上へとスイングを行います。

下から上と言っても、縦のスイングを意識する必要があります。

縦のスイングというのは、膝の下からラケットがスタートして、頭の上にフィニッシュはラケットが上になるくらいに振り上げます。

大切な打点は体の前になりますが、この際にラケットの面が上を向かないように気をつけます。

ロブというと、ボールを打ち上げるだけでなく、トップスピンがしっかりとかかっていなければ、ロブの効果はありません。

従って縦のスイングを使い、尚且つ面は進行方向に向かって真っ直ぐに向いていることがロブ上達のコツとなるでしょう。


2.ポジションはしっかり下がる

リターンでロブを打つ際は後傾姿勢、そして縦のスイングを行うことでボールの下側を打ち、回転量のある質の高いロブをテニスコートで実現できます。

更にリターンで簡単にロブを打つには、通常のリターンの立ち位置より更に後ろに下がることがロブを上手に打つコツになります。

なぜならベースラインで構える位置より、更にポジションを下げることでボールの落ちてきた所を打てるからです。

ボールの落ちてきた所を打つというのは、ボールがバウンドして頂点へ達し、そして落下してきたタイミングのことを指します。

またリターンのポジションをしっかりと下げることで、ロブを打つ時間を作ることができます。

下半身の重心作り、上半身の後傾姿勢という動きも余裕をもって取り組むことが可能です。

また落下してきたボールはボールの下側を打ち易い効果があるので、ロブを打つには有効的なのは間違いないでしょう。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!