テニスのフォアハンドで、試合中に相手のペースを崩すためには、普通のボールや、弱い球、強打を色々とおりまぜてラリーをする必要があります。

その中でもテニスのフォアハンドの強打はとても大切になってきます。

安定していれば強打だけでも試合で勝つことが可能です。

では、フォアハンドの強打のコツをいくつか説明していきます。


1.テニスのフォアハンドの強打のコツ

まず、テニスのフォアハンドの強打で1番大切な事は、ラケットのスウィングスピードの速さです。




スウィングスピードを上げるとボールが速くなります。

しかしただ単にフォアハンドのスウィングスピードを上げるだけでは安定したショットは打てません。

安定したテニスのフォアハンドの強打を打つためには、スウィングスピードに加え、打つ打点が重要になってきます。

フォアハンドで強打をするためには、より力が入るポイントでボールを打つ必要があります。

基本的にフォアハンドで1番力が入る打点は、踏み込んだ前足付近です。

うまく力が入らない打点でボールを打ち、なおかつ無理やりスウィングスピードを上げてしまうと、それはミスに繋がります。

常に力の入る打点で打つためには、細かいフットワークを取り、しっかりとボールを呼び込んで打つことが大切です。
フォアハンドの練習の時に、特にフットワークと打点を意識して練習すると、上達に繋がるでしょう。

次に、テニスのフォアハンドの強打で大切な事は、身体全体を使い、しっかりと体重移動して打つことです。

いくらスウィングスピードを速くしても、手だけでラケットを振る、いわゆる手打ちをしてしまうと、強打ができても、ボールに重たさがない強打になってしまいます。

しっかりと重たいボールで強打を打つためには、体重移動をしっかりすることがポイントです。

細かいフットワークを取り、自分が1番打ちやすい打点で打ったときに、しっかりと前に体重を乗せて打ちましょう。

または、ボールの着地地点より少し後ろに入って、前にステップしながら体重を乗せて打つことも効果的です。

チャンスボールをフォアハンドで打つ練習で、前にステップしながら打つという動作を入れて、身体が覚えるまで反復して練習すると上達につながるでしょう。

最後は、身体全体で打つということです。

手だけでラケットを振ってしまわずに、身体のひねりを使って身体全体を大きく動かすイメージでフォアハンドを打ちましょう。

しっかりとコツをつかみ、練習をすれば、フォアハンドの強打は安定して打つことができるようになると思います。

試合でもとても有利になりますので、しっかりと練習して上達していきましょう。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!