テニスのフォアハンドストロークにおいて手首の使うことは重要です。しかし、むやみやたらに手首を使えと言っているのではありません。

手首の動きが重要なのはフォアの中でもフォロースルーのときです。それ以外ではあまり意識する必要はないと思います。

今回はそのフォアハンドストロークのフォロースルーにおいて重要な手首の使い方と練習メニューについて紹介します。





1.「プロネーション」

フォアハンドストロークにはフォロースルー時に手首を返す動作を必要とします。これをプロネーションといいます。

この動作はインパクトした面がフォロースルーの終了時に身体の外側に向ける動作です。こうすることによって、スイング動作が格段に速くなります。

これはフォアハンドを打つときに必ず行ってください。

また、これには注意点があります。それは、インパクト時にプロネーションを行わない事です。

いきなりインパクト時に手首を返してしまいますと、インパクト時に面が下に向いてしまいまってミスショットを引き起こします。

だからプロネーションを行うのは必ずインパクトが終わってから徐々に手首を変えしていってください。


2.「パームアウト」

このパームアウトはフォロースルーの一番スタンダードな方法です。

インパクト後に手首を返していく際に、窓ふきの様な要領で手首を返していってください。

こうすることによって自然なフォロースルーを行うことが出来ます。

しかし、これにも注意点があります。まず、必ずウェスタングリップに近い握りで握って下さい。

コンチネンタルグリップでのパームアウトも可能なのですが、手首を痛めてしまいますからあまりお勧めしません。


3.「まとめ」

今回はテニスのフォアでの手首の使い方についてお話してきました。

これについての練習メニューは、素振りでイメージを行ってから、そこから球出しやラリーに移行していくのがベターでしょう。

また、手首はとても痛めやすい場所のため練習には十分に注意してください。

プロネーションという動作は手首を使いますが、手首だけを意識するのではなくしっかり腕と連動させて不自然な手首だけが動いているプロネーションを回避してください。

また、フォアでのプロネーションは出来ないとテニスでいいショットがうてないと思っておいてください。

しかしプロネーションが完璧ならいいショットを打つことも可能です。

手首の怪我に注意しつつも、しっかりプロネーションを実践していきましょう。

皆さんのフォアハンドストロークの上達を期待しております。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!