テニス初心者の時に立ちはだかる大きな壁が、バックハンドだと思います。

当てることはできても、フラット気味のボールになってしまい、テニスのトップスピンなんて打てない人が多いですよね。

でもバックハンドはフォアハンドよりも上達が遅いものの、一度覚えてしまえばなかなか形が崩れません。

覚えるまでの道のりは険しいですが、コツコツと頑張りましょう。

バックハンドでのトップスピンのかけ方について説明したいと思います。





1.テニスの両手バックハンドのトップスピンのかけ方

グリップは一般的に、左手がイースタンからセミウエスタン、右手がコンチネンタルです。

テニスの両手打ちバックハンドは、片手打ちよりも安定しているため、トップスピンを打つのに向いています。

打ち方のコツは下から上へ擦り上げるように打つことですが、最も効果的なのが左手で打つ感覚です。

両手バックハンドは左手でフォアハンドを打つ感覚が大切なのですが、右手で引っ張るものだと勘違いしている人も多くいます。

左手で右手のテニスのフォアハンドと同じように、プロネーションをしてあげることで自然にトップスピンがかかるようになります。

オススメの練習方法は、左手でのボール打ちです。

左手で球出しのボールやラリーをすることで、左手の感覚を養いましょう。

左手が上手に使えるようになれば、バックハンドのトップスピンも簡単に打てるようになります。

バックハンドでトップスピンを打ちたいのであれば、両手バックハンドにした方が良いです。

リーチが多少短くなるだけで、ほとんどデメリットはありません。


2.片手バックハンドでのトップスピンのかけ方

片手バックハンドを主流とするプレイヤーは、スライスがとても得意ですが、トップスピンが得意な人は少ないように感じます。

片手バックハンドだけは、プロの真似はしない方が良いでしょう。

しない方が良いというよりも、プロのテニス選手は強靭な手首と柔らかさなどを兼ね備えているためできているのであって、私たちが真似をしてもできないのです。

どうすれば良いのかというと、厚いグリップでラケットを持ちましょう。

薄いグリップで持っている人が多いかと思いますが、安定したトップスピンを打つためには厚い方が良いと思います。

そしてその持ち方で、下から上に向かって擦り上げるように振り抜くことで、自然とトップスピンが打てているはずです。

テニスの上達のためにぜひ覚えましょう。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!