テニスが一人で上達できる方法には壁打ちが一番有効です。壁打ちというものは壁にボールが当たれば絶対にボールが帰っています。

つまり、永遠とラリー出来るのです。こんないい練習相手はなかなかいません。

しかも、サービスダッシュやアプローチからのボレー練習などの繋げて決める練習もできますし、相手がミスをしないので自分の思い通りの展開の練習が出来ます。

ウォームアップにも付き合ってくれるので最高の練習相手といえます。今回はそんな壁打ちの魅力についてお話していきたいと思います。





1.「ストローク練習」

安定性を図る練習です。ネットの上の一定の場所を通してコントロールを鍛えます。

壁打ちから返ってくるボールは特徴が薄く、急激にボールが変化することはありません。

なので、綺麗なフォームを身に着け、なおかつコントロールも鍛えることができます。慣れてきたら壁との距離を少しずつ近くしてみましょう。

そうすれば、球が返ってくるスピードが速くなって、こちらも早く準備して打たないといけなくなります。

そうすることによって、普段のボールに対する自分の準備するスピードも早くなってきます。


2.「ボレー練習」

壁打ちでのボレー練習は予想以上に難しいかもしれません。壁打ちでのボレーの練習はボールが返ってくる速度が予想以上に早く、準備が間に合わない場合もあるかもしれません。

そういう場合は、まず少し壁から遠い距離で壁打ちをしてみてください。そうすると、壁とのボレーも続くようになると思います。

慣れてきたらこちらもどんどん壁との距離を近づけてみるといいでしょう。

近い距離で速いボレーを打ち続けることが出来れば普段のボレーのミスもきっと減ってくるでしょう。


3.「発展練習」

最後に壁打ちの効果的な練習方法についてお話します。

壁打ちのいいところは絶対にボールが返ってくる事とある程度どこにボールが返ってくるか予想できる事です。

その特性を活かしてアプローチの練習を行っていきましょう。

最初にストロークを繋げていき、そしてある程度つないだらアプローチショットを打ちます。

そしてボレーに持ち込み、出来るだけボレーを長く繋げます。フォアとバックの練習をまんべんなく行っていきましょう。

そうすると、本番でも自然に前に出ることができ有利な形成に持ち込めるかもしれません。


4.「まとめ」

今回はテニスの壁打ちについてお話ししてきました。しつこいほど申しますが、壁打ちは本当にテニスの上達を助けてくれます。

壁打ちをしているとボールへの反応と準備がものすごく早くなります。

反応や準備が早いと相手が打ったボールに対して余裕を持って返すことが出来ます。

みなさんも壁打ちを実践してテニスの上達に繋げていきましょう。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!