テニスで様々なショットを打つ上で大切なことは、体幹の強さです。

体幹が弱い、または間違った使い方をすると、ショットが乱れてしまい、ミスの原因となります。

また、体幹が弱いと、怪我にもつながってしまいます。

プロテニスプレイヤーの錦織圭選手が、マイケルチャンコーチに変わってから、体幹の使い方が非常に上手になり、また体幹の強さがアップしたので、ジャンピングショットなどのショットが安定したのではないかと思います。




では、テニスのショットでの体幹の使い方を説明していきたいと思います。


1.体幹の使い方

まず、体幹の強さや使い方が最も必要とされるテニスのショットはジャンピングショットです。

ジャンピングショットを打つ際に、手だけや、足だけで打ってしまうと、身体がブレて、ミスショットになってしまいます。

頭の先からつま先まで軸をしっかりとして、体のひねりと体幹を使って、軸がブレないように打つことが大切です。

ストロークの時も同じです。

手や、足だけでボールを打つのではなく軸がブレないように、体幹を使って体全体でショットを打つ事で、ショットの威力があがり、安定さもますので、ストロークの上達に繋がります。

スマッシュも体幹をしっかりと使って打つショットです。

体幹を使って、軸がブレないようにスマッシュを打つことで、普通のチャンスボールのスマッシュはもちろん、下がりながらのジャンピングスマッシュ、1バウンドさせてから打つグラウンドスマッシュも安定感が増し、より強烈なボールを打つことができ上達に繋がります。


2.体幹を鍛えるトレーニング

では、体幹をうまく使うにはどうすればいいのでしょうか。

それは、トレーニングで体幹を鍛える事です。

トレーニングで体幹をしっかりと鍛えると、自分が意識しなくても、テニスの中でしっかりと体幹を使ってボールを打つことが出来ます。

では、体幹を鍛えるトレーニングをいくつか紹介します。

まずは、四つん這いになり、右手と左足をまっすぐ伸ばし5秒間キープします。

5秒たったら次は左手と右足をまっすぐ伸ばします。

これの繰り返しを10回1セットくらいで、自分のできる範囲で回数を決めてトレーニングをします。

この時に手足をちゃんと水平にし、腹筋に力を入れることが大切です。

次は、うつ伏せになり、肘と、肩を肩幅、または肩幅より狭くした状態で地面につけ、身体を上げます。

この時に、背中と足が一直線になるように意識し、1分ほどキープします。

できる人は時間を伸ばすと効果的です。

身体を一直線にし、腹筋に力を入れることが大切です。

以上のように、日々のトレーニングでも体幹トレーニングを取り入れ、テニスで発揮できるようにトレーニングしていきましょう。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!