テニスのストローク中のミスは、振り遅れよりも打ち急ぎによるミスが多いように思えます。

打ち急ぎとは、簡単に言うとボールがまだ自分の打ちやすい位置に来ていないのにスゥイングを開始してしまい、一番自分の力の入る位置より前でボールをとらえてしまい、ミスショットに繋がってしまう事を言います。

特にテニスの試合中気持ちが焦っていたり、足がしっかり動いていないときなどに多くみられます。

そこで、この打ち急ぎを解消し、タイミング良く返球することが出来るようになる練習方法をいくつか紹介します。





1.自分の打点を知る練習

まず、自分の一番力が入る位置を確認するために、サービスラインからネットを挟まずに手出しでボールを出します。

それに対して、半面でフォアーハンドだけ、またはバックハンドだけで何球か続けて返球します。

人数が多い場合はフォアーハンドとバックハンドで2列になって行うと、練習がスムーズに進行します。

だいたい一番力を入れて打つことが出来る位置は、自分の踏み込んだ前足付近です。自分がどの辺でボールをとらえているのか確認したいときはスウィングしてしまわずに、当たったところで一度ラケットを止めてみてください。

当たるところが前すぎたり後ろ過ぎたりする場合は、この練習でしっかりタイミングを合わせれるようにしましょう。


2.ネットを挟んで打点とタイミングを合わせる練習

次は、ネットを挟んでの球出しです。

先ほどの練習と要領は同じですが、ネットを挟んでいるので先ほどより球の速さがありますし、しっかり足を動かして、自分の一番打ちやすい位置に移動してタイミングを合わせて打つ必要があります。

慣れてきたら1面を使い、フォアーハンドとバックハンド交互に球出しされるものを追いかけて打ち返しましょう。

このとき、先ほど同様、しっかり足を動かしてボールのところへ行くことが大切です。ラケットでボールを追いかけてしまうと、打点がバラバラになり、タイミングがずれ、打ち急ぎの原因となります。


3.ラリーで打点とタイミングを最終確認する練習

最後は今までやってきたことをしっかり意識してラリーをしてみましょう。

一面を使っても半面だけを使ってもどちらでもかまいません。強い力で打つのではなく、7割から8割の力でお互いが打つタイミングを意識し、しっかりラリーを続かせれる事ができればかなりストロークが上達します。

後は、メンタル的な事になりますが、テニスの試合中に焦らないことで、打ち急ぎは減ると思われます。

打ち急ぎを減らすことが出来れば、ストロークの上達につながります。
そうすると、格段にミスが少なくなり、ポイントに繋げることができると思います。何度も反復練習をして、打つタイミングをしっかり身体に覚えさせましょう。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!