中学、高校時代と六年間テニス部に所属していました。凄く強いというわけではなかったのですが、下から数えるほど弱くもありませんでした。

そのわたしが部活動でおこなっていた練習メニューを書いていきたいと思います。

まずはフォームの練習です。あまりにも非効率で下手なフォームでテニスを続けてしまうと、そのフォームが染み込んで戻せなくなってしまいます。




そのためフォームの点検作業も含めて、正しいフォームに治す練習というのをやっていました。

これは練習メニューの最初に組み込まれていましたね。まず、入部するとフォームを必ずチェックされてしばらくはこれをやらされました。

顧問やトレーナーがチェックしてくれて、おかしなところは指摘され治されます。

そして、コートを使う前に準備運動とジョギング、ストレッチです。筋力が付くかつかないかで変わってくる部分もありますからね。

その後、やはりテニスはコート上でのスポーツですから、しっかりとコートに入っての練習になっていきます。

フォアハンドで指定された場所へ打つ練習をしたら、バックハンドに変えて同じようにやっていくというのをやっていましたね。

ボールの軌道を打ち分けられなければとうてい試合で勝つことなどできませんから、こういったことはみっちりとやりました。

練習メニューでは、右や左というおおまかな打ち分けだけではなく、右オンラインや後部オンライン付近など、そういったもっと細かいコントロールが要求されるようなことをやっていましたね。

これが終わったら前衛に入ってもらって同じようなことをやったり、後ろに下がった状態からネット際にボールを出してもらってボールをさばいたり、さきほどみたいに打ち分けたりする練習などもしていました。

他にも沢山あるのですが、大事になってくる練習のひとつとしてサーブの練習があります。

サーブが入らなければ試合にはなりませんし、サーブが上手く決まるかどうかで試合展開が大きく変わってきますからね。

これも普通に打つだけではなくて、どこに飛ばすかというのを打ち分ける練習をしていました。

これは相手がいる状態でやっていましたね。サーブして相手が打ち返すというのがワンセットでした。

最低限こういった練習メニューをこなしていけば下手な状態からは脱すると思います。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!