テニスの練習ではただ走っているだけでは無駄な努力かもしれません。

陸上選手の練習のようなランニングは参考になりますがスポーツによってランニングメニューも変化します。

テニスで有効的なランニングをご紹介したいと思います。


1. 止まる動作がポイント

全体的にいえば一本調子にならないことがコツです。

走ったり歩いたりを交互に繰り返すだけでもよい練習になります。

「速い」と「遅い」の切り替えを会得することがテニスのためのランニングで実感できる効果です。




マラソンのようにランニングタイムなどは気にする必要はありません。

速い速度で走ったり、早歩きに切り替えたりして体重が変わるように


2. 重心と姿勢

テニスの基本といえば重心です。

まずレディーポジションは重心を意識して自分の最適なポジションを見つけます。

コーディネーショントレーニングは目に見えにくい重心を身体意識で理解する機会です。

重心は常に身体にあって、重心の位置を理解すれば身体の安定感が高まります。

真っ直ぐに立ってみて重心線を保ちながら正しい姿勢をみにつけましょう。

重心線とは身体の中に軸が存在するかのような意識で立つ姿勢です。

耳からくるぶしまで真っ直ぐに軸が通ったかのような感じです。

ランニング練習のとき気を付けるべきポイントは重心です。

じつは体幹を安定させることによって重心は安定して保たれます。


2.身体意識

体重移動が起きる理由について考えてみましょう。

身体がすべて平行に進むことによって体重移動が起きます。

体重移動が起きる運動を「並進移動」といいます。

テニスのランニングメニューの練習ではこの並進運動をこなしながらします。

足の踏み込みで体重移動するわけではないということを分かってください。

歩行、ランニングは体重移動をしながら練習していることでテニスの上達につながります。


1. かかとから着地する練習

上手く体重移動するには、かかとからつま先の順番に地面に着地することです。


1.トロッティング

トロッティングとは小刻み走行のことで、陸上の練習で行われますが、テニスの上達にも効果があります。

ランニングのコツと同じく、軸は動かさず、並進移動します。


2. 歩行+ランニング

正しい姿勢で歩行することは毎日でもできることです。

正しいランニング練習によって安定したショットの打てる素晴らしいバランスの肉体を作り上げることができるでしょう。

歩行することは大切なコーディネーショントレーニングの一つです。

前のめりになったり、姿勢を崩さないことが大切です。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!