ある程度のスポーツ経験者なら、コーチやスクールで実践的な練習で短期間で上達すると思いますが、スポーツ未経験者の場合だと、基礎体力作りから始めないといけないと思います。




筋肉を適切に強化できるようにしないといけないので、筋肉はどうしたら強くなるのか仕組みを知る必要があります。体のどこにどういう筋肉があるか、その筋肉はどこの骨からどこの骨まで繋がているのか、コーチによっては、肩は肩、足は足でいいじゃないといって、細かい筋肉の部位まで気にしない人もいますが、知ってるのと知らないのとでは上達具合がかなり違います。

体を動かすことは、、どこをどう動かしたら最小限の力で最大限の効果が得られるか、物理も関係してきます。自分で物理を勉強するかそばに詳しい人がいたほうがいいと思います。

筋力トレーニングは、もちろん全身したほうがいいのですが、テニスで使う部位を重点的にすることが大事だと思います。

サーブやフォアハンドなどラケットを素早く降るのに一番必要なのが広背筋です。広背筋が強ければ腕を早く振ることができますが、肩甲骨と上腕骨をつないでいるインナーマッスルの肩甲下筋や棘上筋、棘下筋などが傷みやすいのでこの細かい筋群も鍛えておかなくてはなりません。

下半身は足の速さが必要なので、大殿筋とハムストリングスを重点的に、陸上選手のように直線だけ走るわけではないので、サイドに素早く動けるように内転筋、外転筋や、足首をくじかないように足首周りのトレーニングも必要です。

筋肉には瞬発力系と持久力系があるので、テニスでは両方必要ですが、強いサーブを打つには瞬発力が必要になります。

ウエートトレーニングは瞬発力系の筋肉に刺激を与えますが、トレーニングの後、回復するのに24時間以上かかります。それを知らずに毎日同じ部位をトレーニングすると強くなりません。

栄養面では、筋肉を作る基になるのが蛋白質です。除脂肪体重1kgにつき1~2gの蛋白質がいります。まとめ食いすると吸収しきれなくなって脂肪になりますので小分けして小まめに補給することが大事です。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!