テニスに限らず、他のスポーツでもターゲット、コーンを使うことによって効率良く上達させることができます。

そんなターゲット、コーンを使ったテニスの練習メニューをいくつか紹介していきます。


1.コーンを狙うターゲットとして使用する

これは想像しやすいテニスの練習方法でもあり、バリエーションも豊富に存在します。

コートの角付近にコーンを1つだけ置いて点で狙っていけば練習レベルは上がっていきますし、中々当たらない場合はいくつかコーンを置いていけば当たりやすくなりモチベーションも下がりません。




また、いくつかのコーンを使い狙うエリアを区切ります。

当然エリアの面積を広くすればボールが入りやすくなり簡単です。

逆にエリアの面積を狭くすればするほどボールは入りにくくなり難しくなっていきます。

ご自分のレベル、目標に合わせてエリアの面積を変えて練習してみてください。


2.障害物として利用する

この練習はややトレーニング要素が強くなります。

例をあげてメニューを紹介しましょう。

球出しで練習を行います。

センターマークとサイドラインのベースライン上に等間隔に5つ程小さい(背の低い)コーンを置きます。

プレーヤーはサイドラインからスタートでセンターマーク側を向いて(横向きで)両足ジャンプでコーンを飛び越えていきます。

ボールを出す人はプレーヤーが3つ目のコーンを飛び終えたあたりで球出しをしてください。

プレーヤーは全てのコーンを飛び越えてから走っていき、出されたボールを打っていきます。

ジャンプの際に横向きでなく、前を向いて横にジャンプにすると更にストレスは上がり厳しいトレーニングになります。


3.スタートの起点として使用する

この練習方法もトレーニング要素が強くなります。

コーンからスタートして、球出しで練習していきます。

例えばボレー練習でセンター寄りのサービスラインややネット寄りにコーンを1つ設置します。

そのコーンの後ろからスタートして出されたボールをノーバウンドでフォアボレーします。

打ち終えたらコーンの前を通って戻り、再度コーンの後ろからスタート。

これを繰り返し練習します。

普通にフォアボレーを球出しの練習に比べて3倍程のストレスをかけて練習できます。

テニスの場合、楽に練習しようと思えば限りなく楽に練習ができます。

しかし、効果的な練習をするには工夫が必要です。

このようにコーンを狙うターゲット、障害物、起点といったように工夫して使用すると効果的な練習ができます。

コーンを使った練習は初心者からプロまでレベルは違っても使える練習方法ですからご自分の練習に取り入れてください。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!