テニスが上達してくると試合に出場する事が多くなると思います。

もちろんテニスが上達して試合に出場する際は最低限のルールを覚えていないといけません。

最低限なので細かくは覚えなくても大丈夫です。例えばラケットの二刀流はいいとかダメとか。そういうのは必要ありません。

テニスのルールを覚えておかないともしかすると損するかもしれません。

今回はそんなテニスのルールについての最低限な必要な知識についてお話していきたいと思います。





1.「ポイントの数え方」

テニスのポイントの数え方は15、30、40、そしてゲームです。1点が15で、2点が30、3点が40、4点でゲームです。

互いにポイントを繰り返していき、先に4点とればゲームとなります。

そしてどちらがこのゲームを多くとれるかを競います。基準は6ゲーム先取した方が勝ちです。

試合によっては8ゲーム先取や4ゲーム先取などがあります。

そして、この最低6ゲーム、最高12ゲームの事を1セットといい、プロの試合ではこのセットを取った数で勝敗を決めます。

しかし、このゲームの場合40-40といういわば同点という場合が存在します。

これをデュースといいます(ジュースではありません。)

このデュースの場合先に2ポイントを連取した方がこのゲームを奪う事が出来ます。

先取ではありません連取です。

つまり2ポイント連続で取るまで相手と決着がつかないという事です。

一般の試合の予選では、ほとんどこのデュースになったらノーアドバンテージといって次のポイントで先に1ポイント取った方が勝ちというものが多いようです。

デュースになると試合が長引くためこの、ノーアドバンテージの方式が予選で採用されるようです。


2.「動き方」

次に動き方のルールの説明です。テニスではポイントの終わりにサイドを変えないといけないというルールがあります。

最初はデュースサイド、次にアドサイドいった順番です。デュースサイドは右側、アドサイドは左側です。

シングルスのときは横に動くだけでいいのですが、ダブルスの場合は違います。

もしこちらがサーブなら1ポイント終わった後、サーバーは横のサイド、前衛も同じく横のサイドに移動してください。

こちらがサーバーの間は1ゲームが終わるまでサーバーが変わることはありません。

レシーバーの場合1ポイントが終わったら、後衛はそのまま真っ直ぐ前に、後衛は真っ直ぐ後ろに行ってください。

レシーブのゲームのときは前衛と後衛が1ポイントごとに交代します。

ただし、レシーブゲームの際はデュースサイドかアドサイドかは固定されていますので、逆のサイドには構える事が出来ませんから注意が必要です。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!