テニスのフォームは、人から教わったり本で見てやってみるという人、あるいはとりあえずボールを打ってみて慣れてくるうちにフォームを作っていくという人たちがいると思います。

後者は遊びからテニスを習う子供が多く、前者は全ての年齢からテニスをはじめる、あるいは指導者に改善をしてもらうというような人たちだと思います。

今回は、フォームの練習を通じて、テニスが人より早く上達する練習方法をご紹介したいと思います。





1.プロ選手がフォームを変える理由

トッププロテニスプレーヤーは、試合を行うたびに選手は分析され、対策がこうじられます。

そのため、世界で活躍するプレーヤーは常にフォームの変化が絶対に必要となります。

このようにフォームというものは長い間培ってきたテニスの能力を損なうことなく変えていくことができるのです。


2. 素振り練習を過剰にしない

素振り練習の練習はフォームを覚える上で必要ですが、フォームを身に着けるためだけの素振り練習はフォームを変えるのが難しくなるなど弊害が心配です。

つまり、テニスの練習をする上でフォームを過剰に練習しすぎて、身体能力の向上をおろそかにしてはいけないということです。

素振りは確かに有効ですが、打点を前にすることとテイクバックを速くすること、球種によるフォロースルーの違いに気を配りながら練習しないと腕が疲れるだけだと思います。

野球のバットと比べると、ラケットに当てることは容易です。

良くないフォーム、テイクバックしてスウィングまでが良くない、手打ちになってしまいます。


1.フォロースルーの強化

ボレーは打点と立ち位置によって身体の形が違います。

ストロークはフォロースルーが回転のかけ方によって違い、フォロースルーの違いによって回転をかけすぎたりしてしまうことがあります。

打つ方向によってもフォームが違うので自分の身体に合ったベストなフォロースルーにすると上達します。


2.素振り練習のコツ

テニスのフォームを意識した素振りの練習では、フォロースルーを重視すると上達するということをお話ししました。

フォアハンドならフォアハンドのフォームの素振りをするのではなく打つ方向を意識するといいです。

すべてストレートのフォームにせず、クロス、逆クロスに打つときの素振りをすると上達が早いです。


3.フォーム次第で実力がつく

初心者の頃覚えたテニスの正しいフォームは、意図的なのか本人も気づいていないのか徐々に変わっていく傾向があります。

初めに覚えたフォームが徐々に崩れていくのは良くないので、フォームについて時々見直しを行ってください。

教わったフォームで上手くいかなくなったときは、グリップをまず変えてみてください。

それだけで劇的に変化する人もいます。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!