テニスは動いているボールを動いていって打つスポーツですから、フットワークは非常に大切な要素です。

一般的にテニスのフットワークというとストロークの際のフットワークと思われがちですが、ボレーの際にも飛んでくるボールに対して動いていってボレーするわけですから当然フットワークは大事になります。

相手との距離が近い分、ストローク以上に大事な部分もあったりします。

ボレーでもフットワークを鍛えればボレーの上達にもつながります。




そのボレーの際のフットワークの鍛え方を紹介していきます。


1.サイドステップ

まずは打った後に戻る際に必要なサイドステップです。


1.チューブを使う

普通にサイドステップでなく、足にゴムチューブを付けて行います。

両足を肩幅程度に開いた状態でゴムチューブを付けます。

つまり、両足を肩幅以上開いた際に足に負荷が掛かるように付けます。

その状態でサイドステップをして鍛えましょう。


2.反復横跳び

学校の体力測定などで行ったトレーニングです。

時間を体力に合わせて30秒や1分にしてトレーニングしていきましょう。

サイドステップもゆっくりとタイミングを合わせるサイドステップと素早く戻るサイドステップがあります。

ここでのトレーニングは素早く戻るサイドステップを鍛えるトレーニングになります。


2.スクワット

今度はスクワットです。

やり方は頭の後ろで両手を組み、右に90度ターンして右足を横に出します。

右膝、左膝が90度になるくらい大きく、深く踏み込みます。

この時、体が前のめりにならないように体幹で支えます。

その状態から右足を蹴って正面向きに戻ります。

そして今度は左側も行います。

30セットを2〜3回行いましょう。


3.ボールキャッチ

次は低いボールなどに対応するトレーニングです。

ボールを右斜め前に低い位置でキャッチするように出してもらい、動いていって右足を出しながら右手でキャッチします。

戻って今度は左斜め前に低い位置でキャッチするように出してもらい、同様に動いていって左手でキャッチします。

これは低いボールに対して突っ込まないで軸足を入れられるようにするトレーニングです。

突っ込んでしまうと体勢が悪いだけでなく、戻りも遅くなってしまうので大事なフットワークになります。

このような形でボレーの際のフットワークを鍛えれば安定した下半身が出来上がりボレーの上達につながります。

ストロークのフットワークとは若干違うトレーニングもありますので、テニスの上達のためにも取り入れてみてください。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!