テニスのスプリットステップとは、レディーポジションから少しジャンプをすることによって次の動きをスムーズにしつつ、ボールへの反応を良くする基本動作です。

ジャンプするといっても自然であるほうが正解です。

スプリットステップの動作をすることは簡単には見えますが、実は間違いや勘違いが多く練習が必要です。


1. ジャンプして浮かないことがコツ

初心者にありがちな勘違いとして、スプリットステップが宙に浮くような感じになるところです。




このような間違ったスプリットステップがみられるので、スプリットステップを見直すことは大切です。

スプリットステップのみの練習をすればプレーの上達につながります。

スプリットステップが上手くできない理由は、テニスの試合を観ても、自然すぎて初心者には分かりにくいことが一因です。

スプリットステップのみに集中してプロ選手の観察をしてみると上達のヒントになるのでおすすめです。


2. 自然なスプリットステップ

スプリットステップ後、すぐに移動することがポイントです。

着地したらボールの方向にすぐに移動できるように、ジャンプしすぎないようにします。

着地のときの地面の力を利用して移動します。


1.ボールキャッチ

スプリットステップしてから渡されたボールをキャッチする練習が一番簡単でおすすめです。


2.いろんな方向に移動

スプリットステップした後、左右上下、いろいろな方向に移動する練習をしましょう。


3.ストロークの前に行う

ストロークの前のスプリットステップは、スピードが重視されます。

スプリットステップしてからボールの方向にスムーズに移動するので、ほとんどジャンプしていないように見えます。

ジャンプを小さめに、ジャンプしながら移動する足の動きを覚えましょう。


4.スプリットステップしてからボレー

テニスのボレーをするときもスプリットステップ使うことを忘れないでください。

リズムを掴み、スプリットステップをして、2ステップでボレーする練習をしましょう。

ボレーはどこに飛んでくるのか予想して打ってください。

ラケットの位置を決めてから、ボールを面に当てることが大切です。

顔の近くにラケットを構えて決して強打したりせず、コートに入れることより、ボールを受け取るような感覚でラケット面に当ててください。


3.片足スプリットステップ

片足でスプリットステップする練習を行っても損はないです。

テニスをやっていると片足で打たないといけない状態が生まれます。

練習すれば片足でショットを打つ技術の上達につながっていきます。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!