テニスはボールがどこに飛んでくるかわからないスポーツで、それに対してなるべく速く反応して返球していきます。

そこで。左右前後どこにボールが飛んできても反応できるようにする動作が必要になってきます。

そのニュートラルな状態を作る動作、それがスプリットステップです。

スプリットステップをすることにより、なるべく速くボールに入り、常に良い状態でボールを打てるようになれば自然とテニスの上達につながってきます。




そのテニスの中の動きにおいて必要不可欠なスプリットステップが上達する練習方法を紹介していきます。


1.タイミングの練習

まず大事なことはスプリットステップをするタイミングです。

相手が打った瞬間にスプリットステップを終える必要があります。

ですから、スプリットステップを開始するタイミングは相手が打つ直前になります。

そのタイミングを球出し練習で行っていきましょう。

ボールを横に出してもらい、ボールが出る瞬間にスプリットステップを終わらせます。

そこから走り出しストロークを打ちます。

打った後はサイドステップで戻り、戻りきる前に球出しをしてもらいます。

ボールを出す直前にサイドステップをスプリットステップに切り替えて、ボールが出る瞬間にスプリットステップを終えられるようにタイミングを合わせ、ボールを打っていきます。


2.コート外で練習

自分が打っていない時でもスプリットステップの練習は可能です。

他の人がラリーをしているのを横で見ながら練習していきます。

片方の人に合わせてスプリットステップをしていきます。

先ほどの球出し練習同様、相手が打つ瞬間にはスプリットステップが終えられるように練習してみてください。


3.ラリーで練習

今度は実際に自分がラリーをしながらスプリットステップです。

理想は無意識にスプリットステップができるようになることですが、慣れるまではタイミングを計ったりして強制的にやらないといけません。

ボールを打った直後からボールを見ながらサイドステップで戻りながらリズムを取ります。

そして、相手が打つ時にタイミングを合わせスプリットステップです。

このように慣れてくるまでは強制的に意識して練習していきましょう。

相手は場合によってはライジングで打ってきたりしますから、自分のボールだけを見るのではなく、しっかりと相手も見ましょう。

必ず相手が打った瞬間にはスプリットステップを終えてスタートが切れるように意識して下さい。

テニスのステップの中でもスプリットステップは基本中の基本です。

全ての動作のスタートになりますから必ず習得できるように練習していきましょう。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!