テニスの上級者から、テニスを始めたばかりの初心者の動きを見ると、非常に不自然に感じてしまいます。

というのも、テニスのフットワークは普段の生活の中では中々使わないフットワークがあり、長くやっている人にとっては当たり前でも、初心者にとっては基礎のフットワークを知らないので、当然不自然に見えてしまいます。

テニスの初心者には打ち方も大事ですが、基礎のフットワークを覚えることもテニスの上達のコツです。




そのテニスで必要なフットワークの基礎を紹介していきます。


1.サイドステップ

まずはテニスのフットワークの基礎中の基礎、サイドステップです。

テニスでは自分が打った後、その場で止まらずにコートの真ん中付近に戻る必要があります。

早く戻ることだけを考えれば、普通に走って戻るべきですが、テニスの場合は相手がいて次にどこに打ってくるのかわかりません。

ですから、正面を向いて前後左右どちらにでも動くことができるようにしなければいけません。

そこで、正面を向きながら足を合わせるようにして戻るサイドステップが有効になります。

フォアハンドであれば打った後に正面を向いて右足を右に蹴り、左足に当たるような感じにして戻ります。


2.クロスステップ

今度はサイドステップに少し形は似ていますが、少しスピードアップさせたクロスステップです。

正面を向きながら走る、という感覚になります。

ロブを追いかけたり、後ろに下がってから打つ場合に多用します。

また、サイドステップより早く戻りたい場合にも使います。

顔や体は相手に向けながら走るイメージをしてください。

また、早く戻りたい場合に使うクロスステップはサイドステップに似ていますが、フォアハンドであれば、先ほどの同様に右足を外側に蹴りますが、左足に当てるようにではなく、左足の前を通して戻りましょう。


3.スプリットステップ

最後は初心者に限らず、中級者、場合によっては上級者でも忘れてしまったりするスプリットステップです。

基本的には相手が打つ時に踏むステップです。

軽く肩幅くらいに足を広げて、同時に両足を地面に着きます。

これにより体重が左右均等にかかり、どちらでもスタートできるようになります。

細かく言うと、相手が打った瞬間にスプリットステップを終らせる必要があります。

タイミングに気をつけながら練習しましょう。

以上がテニスの初心者に必要な基礎のステップになります。

練習で打ち方などを上達させるのと同時進行でこの基礎のステップも上達させていけば効率よくテニスが上達していきます。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!