テニスのダブルスにはセンターセオリーというものが存在します。これは、何かというと相手のセンターをひたすら狙うという攻撃パターンです。

シングルスにも多く見られます。センターセオリーは安定性がよく相手に攻撃されにくいとい利点が存在します。

今回はそんなテニスの上達とセンターセオリーについてお話をしていきたいと思います。


1.「センターセオリーの安全性」

センターセオリーには相手に攻め込まれにくいという安全性があります。なぜでしょうか?




想像して見て下さい、あなたはテニスボールを打つとして、ストレートに来たボールをストレートに返すのと、ストレートで来たボールに角度をつけて返す事、どちらの方が返球しやすいのでしょうか。

もちろん来たボールを来た方向に返す方が簡単です。

センターセオリーにも同じことが言えます。センターに来たボールを相手もわざわざ、コースに角度をつけて返球してやろう。なんて思わないのです。

つまり、センターに来たボールを相手もセンター寄りに返球してくれるという事です。

そして、センターセオリーにはもう一つ大きな安全性があります。例えば、デュースサイドであなたは相手とポイント競っている最中です。

センターに甘いボールがきたのに、あなたのペアのボレーヤーはポーチに出ませんでした。

さぁ、この甘いボールを決めに行くときあなたはどこに打ちますか?ストレートでしょうか、しかしストレートに相手のボレーヤーが立っています。

ショートクロスでしょうか、いえ、そのセンターからショートクロスを狙ってしまうと、味方のボレーヤーにボールがあたるかもしれません。

なら、余った選択肢はどこですか、センターしかありません。という感じでセンターにボールを打てば、相手のセンターへの返球率が高くなるのです。

これを利用して、センターに甘いボールが来るのを待ち甘いボールが来たらボレーヤーにボレーをさせる。とても堅実な攻め方です。


2.「まとめ」

今回はテニスのダブルスのセオリーである、センターセオリーについてお話してきました。しかし、この堅実なセオリーにも弱点があります。

それは、相手のボレーヤーが積極的にポーチに出てくるボレーヤーの場合や自分の返球が甘い場合はピンチになるという事です。

しかも、センターばかりに打っていると相手のボレーヤーは絶対にポーチに出てきます。

だから、このセオリーを一度の試合に何度も使うと看破される危険性があるということです。

だから、自分のストローク技術をしっかり上達させてセンターセオリーを使ってください。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!