試合が均衡している時に決着をつけるために行うのがタイブレークです。

また、ちょっとした時間で実戦的な練習をするためにも便利なので、覚えるようにしましょう。

初心者で覚えていない人がたくさんいますが、大会でタイブレークになった時に慌てるのは試合の流れにも響くので事前に確認しておきましょう。

今回は、テニスのタイブレークのルールについてお教えしたいと思います。





1.テニスのタイブレークのルール

テニスのタイブレークは、野球でいうと特別延長のようなものであり、均衡してしまって試合が決まりそうにない時に、行われます。

具体的なルールは、テニスの試合のゲームカウントが6-6になった時に行うもので、先に7ポイント取った方が勝ちとなります。

それまでのゲームとはポイントの数え方が異なり、今までは0-15-30-45と数えていたのに対し、タイブレークは0-1-2-3-4-5-6-7と数えます。

さらに0の呼び方が変わり、ラブと呼んでいたものが、ゼロとなります。

数え方はむしろわかりやすくなったので、間違えることはないのではないのでしょうか。

1番注意しなくてはならないルールは、テニスのタイブレークにおけるサーブの順番です。

サーブは二本ずつの交代となり、最初だけは、逆サイドから一本で交代となります。

テニスのタイブレークは逆サイドから始めるということを覚えておきましょう。

タイブレークのルール上は7ポイント先に取れば勝ちとなりますが、タイブレークも均衡してしまって6-6になることもあります。

その場合は、デュースといい、2ポイント差がつくまで続け、先に2ポイント話した方が勝ちとなります。


2.タイブレークで優位に立つ方法

タイブレークになるということは実力がほぼ同じであり、ポイントを取ろうと思っても簡単に撮らせてくれない選手との対決ですよね。

つまり、我慢勝負になりつつあるのです。

しかし、タイブレークになると今までとは1ポイントの重みが変わるので、緊張してしまい、いつミスが出るかわかりません。

相手が少しでもリードし始めると、とても焦りますよね。

焦りを相手に与えるという意味でも、相手より早くブレイクをするようにしましょう。

もちろん、自分がサーブの時はポイントを死守しなければなりません。

タイブレークでは、大技が飛び出してくることはほとんどありません。

得意なショットを得意なコースへ確実に打ち返し、相手のミスを誘うことが多くなります。

そのため、リターンミスやダブルフォールトなど、相手にとって嬉しいポイントの失い方だけは避けるようにしましょう。

せっかくタイブレークまで行ったからには、勝ちたいですよね。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!