テニスをプレーしているうちにどんどん汚くなっていくグリップテープ。

使い古したグリップテープを使っていると、ショットの途中に手が滑って、打点に当たらなかったり、場合によってはラケットを落としてしまってラケットの破損にもつながりかねません。

そもそも、グリップテープの適正な使用頻度はワンプレーに一回です。

さすがに、ワンプレーに一回に絶対にテープを交換しろという事は無いですが、少なくとも滑るようになる前に交換するのがベストです。




今回はそんなグリップテープや巻き方についてお話したいと思います。


1.「グリップテープ」

グリップテープにはリプレイスメントグリップとオーバーグリップに分かれます。

リプレイスメントグリップとはラケットを買ったときに最初にまかれているグリップです。世間一般では「元グリ」と呼ばれます。

オーバーグリップとはこのリプレイスメントグリップの上に巻くグリップであり、ウェットタイプとドライタイプに分かれたりします。

値段的にはリプレイスメントグリップが一本、約1000円で、オーバーグリップが一本400円程度です。

このリプレイスメントグリップの上にオーバーグリップを巻くのが主流です。

なんで、リプレイスメントグリップをそのまま使うのではなく、オーバーグリップを使う事をお勧めします。

リプレイスメントグリップは巻き方がとても難しいのです。

それに比べ、オーバーグリップはリプレイスメントグリップの線にそって巻くだけです。巻き方はたったそれだけです。


2.「まとめ」

グリップを巻くのに確かに下手、上手いという差はありますが、誰でも出来ますし、慣れれば簡単です。

下手でも何回も巻いているうちにうまくなってきます。なので、人に頼むより自分でやった方がいいと思います。

そもそも、自分で巻かないといつまでも下手なままなのです。

また、巻いてもらって失敗されるより、自分で失敗する方が気持ち的にもいいと思います。

テニスの上達にも同じ事が言えるのではないでしょうか。

自分のテニスについての課題点を理解しているのにその課題についての改善策もわかっているのに、何も取り組まないという人は案外多いのです。

テニスでも人任せやコーチ任せのテニスはいつまでたっても上達しません。考えて、実践して、失敗して、練習してそしてやっと上達するのです。

グリップを巻く事にも同じことが言えます。自分で巻いて失敗してまた巻いてどんどん巻くことが上手になるのです。

だから、グリップひとつとっても、どんな小さなことでも、テニスに真摯に向かい合っていくのが大事だと思います。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!