テニスには個人のプレースタイルというのがあります。

これは、シングルスとダブルスでは変える人もいますが、一般レベルではまずひとつのプレースタイルをある程度練習して習得することになります。

プレースタイルはその方法を主として行うということで、それ以外をしてはいけないということではありません。

テニスのプレースタイルは、カウンターパンチャー、アグレッシブベースライナー、サーブ&ボレーヤーに分けられます。

その3つを状況に合わせて使い分けるのがオールラウンダーです。




今回は、オールラウンダーを考えてみましょう。

オールラウンドーとは、守備的なカウンターパンチャーと、攻撃的なアグレッシブベースライナー、そしてネットプレーであるサーブ&ボレーヤーの3つを状況にわけて、自分が有利なプレースタイルに使いわけられるプレースタイルです。

社会人からはじめる人には、なかなか習得するには困難なプレースタイルです。


1.オールラウンダーに重要な技術

攻撃も守備もできるストローク力、確実に決めるボレー、的確なコースが狙えるサーブ、きっちり返せるリターンが必要になります。


2.ダブルスの場合だと

2~4球までに多くのポイントが決まるダブルスでは必要性は低いです。

もちろんオールラウンダーはいろいろできるわけなので有利ですが。一般レベルの場合、低いスキルのオールラウンダーよりは、一芸に優れたプレーヤーの方が、ダブルスでは有利になる場合が多いです。


3.オールラウンダーに向くメンタル

プレースタイルを決める上でメンタルは非常に重要です。向き不向きがあります。長期計画で練習できる人が向いています。


4.オールラウンダーのテニスプレーヤー

テニス界の生きる伝説ロジャー・フェデラーは、オールラウンダーといっていい選手だと思います。

しかし、フェデラーも最初からオールラウンダーだったわけではありません。

私がTVで見た初期のころのフェデラーは、サーブ&ボレーヤーでした。その後各技術を磨きオールラウンダーになりました。

プロでもいきなりオールラウダーになるのは難しいと思います。まず得意分野を伸ばす。そして弱点を補強するというカタチで、オールラウンダーになるのだと思います。


5.まとめ

プレースタイルを決めるということは重要です。特に社会人の方は練習する時間が限られております。

学生や選手だったら毎日練習できるのでいろいろ出来ますが、練習時間のない人は必要な技術をしぼって練習した方が効率がいいです。

その練習メニューを決めるためには、プレースタイルを考えておく必要があります。

オールラウンダーを目指すのならバランスのよい練習メニューを考えましょう。






テニスがもっと上手くなりたい人へ
テニスが驚くほど上達する練習教材
✓決定力のあるフォアハンドが打てない
✓試合になるとサービスが入らない
✓ダブルスの連携が上手くならない
✓部活の監督になったが指導方法が分からない

そんなアナタにおすすめなのが、 「テニスが驚くほど上達する練習教材」 です。

テニスが驚くほど上達する練習教材は、 元日本チャンピオン などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にテニスが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のテニスが上達する練習教材を紹介します。
石井弘樹の SIMPLE TENNIS SERIES vol.1 フォアハンドストローク編

最速フォアハンド上達法!!
このプログラムは元全日本ダブルスチャンピオンの石井弘樹氏 が教えるフォアハンドストローク上達法です!!

たった45分間の練習で、45歳の小柄な女性が男性顔負けのフォアハンドスピンが打てるようになった秘訣がついに公開!!!
新井流フルスイングテニス塾 ~確率&スピードを自在に操る回転系サービス~

サービスの確率を急激にアップ!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教える回転を自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、「ギュン」とキックするスピンサービスや「シュパ」と低く滑るスライスサービスも自由に打てるようになります!!

しかも90日間の返金保証もついているので、安心して取り組めます!
新井流フルスイングテニス塾 ~スピード×決定力がアップする フォアボレー・バックボレー~

スピード&決定力がアップするボレー!!
このプログラムは世界に4人しかいない杉山愛公認コーチの新井湯太加氏 が教えるボレーを自由自在に操る練習方法です!!

これさえ身につければ、力強くスピードのあるボレーが手に入るでしょう!!

しかも今なら90日間の返金保証付きなので、安心して始められます!!